保険外診療

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)について

「壮年期脱毛」「わかはげ」とも言われ、いわゆる男性の薄毛のことです。

円形脱毛症とは異なる疾患です。頭髪量と髪型は、その人の第一印象を決める大きな因子ですので、AGAは男性にとって重要かつデリケートな問題といえます。

そして頭髪に悩む男性は約800万人にのぼるとされています。

プロペシアによるAGAの治療

AGAは、男性ホルモン(テストステロン)から合成されるDHT(ジヒドロテストステロン)により誘発されます。このDHTの産生を抑える脱毛治療薬がAGA治療薬です。
プロペシアを毎日1錠飲み続け、まず6ヶ月で効果を判定します。1年続けた場合、58%の方でゆるやかに頭髪が増えてきます。また40%の方で薄毛の悪化が止まります。

3年続けた場合、78%の方で頭髪が増えてきます。有効率は98%ですので効果のある薬と認識されています。 

プロペシア治療には、育毛剤その他の併用治療は必要ないと考えられています。 

性機能あるいは心血管系に対する重大な副作用の報告はありません。稀に(0.1%以下)肝機能障害がありますので、肝臓の調子の悪い方はあらかじめ申し出て下さい。

当院ではプロペシアのジェネリック医薬品を取り扱っています

プロペシア錠1mgのジェネリック薬であるフィナステリド「サワイ」1mgを取り扱っています。

成分は先発品であるプロペシア錠1mgと同等です。効果については、ジェネリック薬の効果が先発品と全く同じかどうかという点には様々な意見がありますが、国内でも規模の大きな製薬会社が提供していますので、問題はないと考えられます。

新たなAGA治療薬「ザガーロ」

「ザガーロ」も取り扱っています。
ザガーロの作用機序はプロペシアとほぼ同じで、DHTの産生に関与する5α-還元酵素の阻害にありますが、違う点はプロペシアのように2型のみではなく、1型と2型両方5α-還元酵素を阻害することでより強力な治療効果を発揮するといわれています。

フィナステリドで治療がうまくいっている方がザガーロに変更する必要はないかと考えますが、フィナステリドで十分な効果がない方はザガーロを試してみてもよいかと思います。

AGA治療の料金

・フィナステリド「サワイ」は4週間分(28錠)で5,000円です。
・ザガーロは30日分で9,500円です。
(いずれの薬剤も再診料、処方料込みですが、初診時は初診料として2,000円が別途加算されます。)

あいづ皮ふ科クリニックの診療時間

※スマートフォンなどで表が全て表示していない場合、左にスクロールしてください。

休診日:日曜日、祝日(年末年始・お盆休みあり)
9:00~12:00
14:00~15:00 手術
(予約)
手術
(予約)
手術
(予約)
手術
(予約)
15:00~18:00
ページトップへ